mt4のチャートの見方のポイント

mt4を立ち上げて、一番先に目に入るのは、やはりチャートです。mt4ではラインチャート、ローソク足チャート、鍵足チャート、色々なチャートが表示できますが、まずここでは、最もポピュラーな『ローソク足』の見方から見てみましょう。

ローソク足は、実は江戸時代の米相場で使われていたもので、日本人が考えたものです。当時、このローソク足だけを使って相場を勝ち抜いていた名人がいたように、現在でもこれだけを使ってトレードする人はいます。それだけ、ローソク足には沢山の情報が含まれているのです。

まず、このローソク足からすぐに読み取れるものは、始値、終値、高値、安値の4本値と言われるものです。ローソク足は、1分足〜月足までがありますが、例えば1分足なら、1本の足が出来上がるのに1分かかります。その1分間の値動きの情報が入っているのです。始値は、足が出来た時の最初の価格。終値は、足が出来る1分間の最後の価格。安値は、その1分間の中での最安値。高値はその1分間の中での最高値になります。

また、ローソク足は、白い棒と黒い棒からなっている事が分かります。これは、白い棒が『陽線』、黒い線が『陰線』と言い、陽線だと、その1分間は、始値より終値の方がレートが高かった事、要するに上昇して終わった事を表します。逆に陰線だと、その1分間は、始値より終値の方がレートが低かった事、要するに下降して終わった事を表します。相場が上昇傾向だと陽線が何本も続き、下落傾向だと陰線が何本も続きます。そうして出来上がったチャートは、今がどんな傾向なのかがパッと見た目にも分かるようになっているのです。

そして『ヒゲ』と呼ばれるものもあります。ローソクの陽線、陰線の太い実体の上下に、1本、まさにヒゲのように伸びる線がありませんか?これがある時と、ない時とがありますね。このヒゲ、ローソクの実体から上にあると『上ヒゲ』、下にあれば『下ヒゲ』と言います。長い上ヒゲがある場合、価格が上昇した後、大きく売られたという意味です。長い下ヒゲの場合は、下落後、大きく買われたという意味があり、相場の転換を示唆しています。

そしてテクニカルは、この価格を基に、様々な計算式ではじき出された値を利用して、その時のトレンドやトレンドの強さをより分かりやすく表したものなのです。どんなチャートでも、間違いという事はありません。要は、どれだけそれを自分のものにし、トレードに活かせるかと言う事なのです。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク