mt4のフォワードテスト

バックテストが過去のデータを使ったテストなら、フォワードテストは実際の取引という事になります。しかし、テスト段階ですから実際に資産が減ってはいけませんね。そこで、フォワードテストには大抵でも口座を使います。EAなどを架空の口座で走らせて得た結果をフォワードテストと言います。

バックテストは確かに詳細なデータが出ていて大変便利ですし、その結果を信用してもいいんじゃないの?と思いますが、実際にそのEAやインジケータが正確にシグナルを出していたか?という事は、結果からは分かりません。ですから、バックテストで良いものが見つかったら、次はフォワードテストが必要なのです。このフォワードテストでも良い結果を得られたら、そのシステムの成績はかなり信頼性のあるもの、という事になります。

なぜバックテストだけでは駄目なのでしょう?それは、バックテストは過去の限られた期間の売買結果であり、偶然、そのEAがその期間の相場に合っていた(又は合っていなかった)という可能性もあります。これは、有償のEAなどにあったりする事なのですが、『カーブフィッティング』といって、そのEAとの相性が良かった期間の成績だけを抜き出してテスト結果を出すというもの。また、ある期間に限って成績が良くなるように、パラメータを調整してバックテストを行っていたり。その結果を見て、「素晴らしいシステムだ」と勘違いして購入。実際に資金を投入してやってみたところ、バックテスト通りの成績にならないといった事は、よくあるのです。ですから、もしロジックが分かるのなら、自分で必ずフォワードテストを行う事をおすすめします。

ですが実際、手動でのフォワードテストは大変です。しかも、自分で結果をまとめなければいけません。実に気の長い作業となりますが、これをやるかやらないかで、実際の成績や、今後のEAを判断する力も大きく違ってくるのです。

フォワードテストの記録は、自分でエクセル等を使って作成しても良いですが、ネット上には便利な成績管理ツールがあります。ユーザー情報の登録後、売買履歴をアップするだけで、細かいトレード分析管理が行えるWEBサービスです。myfxbook 、mt4live、mt4statsなどが有名です。表を作るのが大変だ、どういった項目を入れたら良いか分からない、見た目にもきれいで見やすい管理表が欲しいといった人は、こういったツールに頼ってみても良いと思います。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク