mt4と平均足

mt4に標準では入っていないのですが、「平均足(コマ足)」というものがあります。ネット上で”Heiken Ashi”というインジケータ(無料)をダウンロードすれば、チャートに表示できます。ポジションの決済時などに重宝するインジケータという事なのですが、どのように使えば良いのでしょう?

平均足とは、4本値の平均値を使って作られたローソク足のようなもので、ローソク足よりは、現在のトレンドが分かりやすくなっています。ローソク足だと、陽線・陰線・陰線・陽線・陰線…と、その足が作られた時の値動きに忠実に作られているので、絶えずローソクの色が変わりますが、平均足は陽線が来るとしばらくは陽線が続く事が多く、陰線がくれば陰線が続く事が多いです。ですから、見た目にとてもトレンドが分かりやすく、スッキリしています。これだけでスキャルピングをして利益を出している人もいるくらいです。

この平均足と、ヒゲを組み合わせてトレードする方法があります。陽線に上ヒゲがあれば強い買いシグナル、陰線に下ヒゲがあれば強い売りシグナル。陽線に下ヒゲで、売りへの転換の予兆。陰線に上ヒゲで買いへ転換の予兆。短い実体でトレンド転換の予兆などです。これは、短い足ではあまり通用しないかも知れませんが、長い時間足、または長い時間足と短い時間足の組み合わせなどで、信頼性が出てきます。

また、4時間、1時間など大きな時間足の平均足の色と、15分、5分、1分など短い時間足の平均足の色が揃った時にエントリーするという手法もあります。

エントリーは他のやり方で、平均足を決済タイミングを計るものとして使っている人もいます。1分足や5分足の色の変化を見て、ローソク足では色が反転しても、平均足ではまだ反転していないという事が多々あります。ローソク足の反転で決済すると微益で終わっていたものが、平均足を見ていたおかげでそのまま大きなトレンドに乗る事ができ、良い所で決済できたりするのです。

このように、平均足単独でも色々と活用できますが、ストキャスティクス等、他のインジケータと組み合わせるとより手法の幅が広がります。ずっと監視していられない人には、色が変わった時に音やポップアップ、更にはメールで知らせてくれる、改良版のものもありますので、そちらが良いという人は「Alert」というキーワードを追加して探してみて下さい。すぐに見つかります。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク