mt4の1000通貨利用可の比較

レバレッジの25倍規制というものが決定してからというもの、少ない資金での取引というものが、1万通貨設定では難しくなったということの影響を受けて、1000通貨単位設定での取引の人気が高まっているような状況です。これまでは、1000通貨単位設定での取引は、手数料を別途徴収していたFX業者がほとんどだったわけですが、現在ではほとんどのFX業者では手数料を徴収していない状況です。

1回の取引での最小通貨単位というものは、非常に大きいものがあります。それまでは、10000通貨単位設定というものが、スタンダードであり、前述にもある通り、1000通貨単位設定で設定できるFX業者でも、手数料がかかることから、敬遠する投資家の方が多かったわけです。10000通貨設定である場合には、証拠金、つまりは軍資金の金額が高くなってしまうということなのです。つまりは10000通貨単位設定でいえば、証拠金は10万円必要なわけですね。1000通貨単位設定であれば、その10分の1の金額。つまりは1万円の証拠金で済むわけですから、非常にハードルが低く、手軽に行うことが可能なのです。

MT4を使い、EAを組んでシストレを行う場合、たったひとつのEAでトレーディングするという投資家の方は少ないものでしょう。通貨ペアも1つ。EAも1つ。これでははっきりいって良質なパフォーマンスは期待できないものなのです。しかしながら、複数の投資を行っていくためには、10000通貨単位設定の場合であれば、1つのEAごとに10万円。通貨ペアを増やすごとに10万円ずつ軍資金が必要になってくるわけですね。中級者や上級者やプロともなれば、問題なく投資することができるでしょうが、初心者には非常にハードルの高い金額になることでしょう。

FX取引は経験値がものをいいます。最初からハードルが高いところで行い、大損をして、資産を失う。確かにこれでも手痛い思いをするために、勉強になると言えますが、それにしても失うものが大きすぎるわけです。ですから1000通貨単位設定である場合には、初心者の方もそこまで痛手を追わなくても、十分に自分の身銭を無理なく削って、勉強をすることができるというメリットがあるわけですね。

これもひとつのFX業者を選定する指針になるものなのです。FXトレード・フィナンシャルや、サイバーエージェントFX、フォレックス・ドットコム、FXCMジャパン、アルパリジャパン、アヴァトレード・ジャパンなどでは、1000通貨単位設定から、トレードを行うことができるのです。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク