mt4の法人口座の比較

MT4を利用してのFXトレードというものにおいて、個人口座と法人口座の差というものは無視できないものです。なぜならば、スプレッドであっても、個人だとそこまででもないのに、法人口座であれば、スプレッドが0.2銭からなんて謳っているところがあるからです。

特にレバレッジに関しては、特筆すべきしょう。法改正によりレバレッジに規制がかけられてしまったことは、当然にご存じでしょう。個人のレバレッジは、25倍が限界値です。しかしなが、法人口座であれば、最大で400倍までのレバレッジを利用すること可能なのです。

またそれぞれのFX業者において、法人口座の開設をすることで、さまざまなキャンペーンを展開していることが多いのです。たとえば、最大100万円のキャッシュバックキャンペーンなどを行っている業者も事実として存在します。ですから個人投資家であっても、敢えて法人を作り法人口座で契約をし、より良質なパフォーマンスを実現できる法人口座でFXトレードをすることができるFX業者を選択することは、何気に賢いやり方だと言えるでしょう。

国内のFX業者において、圧倒的に優位だと思えるパフォーマンス環境を実現できているのは、ヒロセ通商ではないでしょうか。レバレッジは最大で300倍。ドル円のスプレッドは、原則固定で0.4円という驚愕の狭さですからね。また独自のサービスとして、1500万通貨単の取引では、50000円のキャッシュバックに加え、食品などをゲットすることも可能です。

サイバーエージェントFXであれば、米ドル円のスプレッドは、0.5銭の原則固定で、レバレッジは200倍です。FXCMジャパンであれば、米ドル円のスプレッドは0.6銭で、レバレッジは250倍です。D¥フォレックス・ドットコムであれば、米ドル円のスプレッドはちょっと広く、1.3銭で、レバレッジは200倍となっています。

このようにスプレッドであったり、レバレッジなどに、個人口座とは、大きな差が生まれてきますから、法人口座を所有できるのであれば、法人口座というものを、十分に利用することが、賢い選択肢になります。こういったことを考慮しても、トータル的にみて、良質なFX業者と言えるのは、FXトレード・フィナンシャルだと言えるでしょう。個人・法人ともにスプレッド幅は狭く設定されていますし、レバレッジにおいても制限いっぱいの限度まで利用することができますから、確実に押さえておきたいFX業者と言えるでしょう。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク