mt4のスワップの比較

国内にも海外にも、さまざまなMT4提供業者が存在していて、初心者の方には、一体どこのMT4を選択したらいいのかが分からない状況でしょう。ある程度にFXの知識というものがあれば、良質な業者や、自分に合わない業者というものを選択することは簡単にできますが、初心者の方のために、ここではポイントを絞って、FX業者の選択方法を紹介しましょう。

そこでポイントにするのは、スワップ金利というものです。スワップ金利は、別名でスワップポイントとも呼ばれていて、ペアになっている2つの通貨のうち、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を購入すれば、スワップ金利というものを受け取ることができるというものです。その逆に、高金利の通貨を売り、低金利のスワップ金利というものを購入すれば、スワップ金利というものを支払わなければなりません。

スワップ金利というものは、日々に微妙な変化を繰り返すものであり、その通貨を持っている国によって、政策金利というものを大幅変更された場合には、当然にこのスワップ金利が大きく変動することになるのですよ。また同じ通貨を購入したり、売ったりしても、利用しているFX業者によって、金利が異なっているというのが現状としてあるのです。実際には、国と国の政策金利の差なわけですから、こういった差が起きることはないのですが、現実問題としてこういったことが起こっているというのは、FX業者によって、やはりスワップ金利に差があるということなのです。

ですからFX業者の中では、スワップ金利を非公開にしているということもあるのです。その中で公開しているFX業者の中で、スワップ金利が良いとされている業者として名前が挙がってくるのは、FXトレード・フィナンシャルです。スワップ金利は、米ドル円で4円。英ポンド円では18円。さらには豪ドル円では81円。NZドル円では12円となっており、かなり高いスワップ金利になっています。これは、米ドル円の場合であれば、円を売り、1万米ドル購入した場合に、1日に受け取ることができるスワップ金利を表しています。

同じように公開しているところでは、アルパリジャパンです。米ドル円では3円。ユーロ円ではー5円。英ポンド円では9円。豪ドル円では62円。NZドル円では43円というようなスワップ金利です。これを見てもわかるとおり、業者によって金利が全く違っていますよね。またスワップ金利から利益を獲得するコツとして、より多くの通貨ペアを取り扱っているFX業者を選択するという方法もありますから、指針にしましょう。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク