mt4のポジション注文

それでは、実際にmt4でポジションを取りたい時はどうするのか、ひとつずつ見ていきましょう。自分でチャートを見ていて、または使っている指標などで売買のサインが出て、「ここで買いたい」「売りたい」と思ったら、さあ!注文です。

まず最初は『新規注文』のメニューを出す事からはじめます。これは、一番分かりやすい所だとツールバーの中に『新規注文』というボタンがあります。これをクリックします。または、メニューバーにある『ツール』をクリックしても同じ画面が出てきます。その他、チャート上でマウスを右クリックしても出てきます。押してもすぐ注文はされませんので、まず押してみて下さい。『注文の発注』という画面が出てきましたか?この画面中の説明をしていきます。

まず、一番上は、『通貨ペア』。売買をしようとしている通貨は、これで良いか?ここで確認できます。慌てて注文しないでくださいね。その下は『数量』。売買しようとしているロットです。このリストボタンを押せば、色々ロット数を選べます。最初は分かりにくいかも知れませんが、0.1ロットは1万通貨、1ロットは10万通貨です。間違えないように注意してください。ここにない数値は、デフォルトのロット数を設定できる画面(ツール→オプション→取引→数量のデフォルト)がありますので、ロットが一定だという人は、そうしておけば簡単ですね。

そしてその下『逆指値決済』とは、ストップの価格の事です。その隣、『指値決済』はリミットの事。リミットとストップが決まっている人は、ここで設定しても良いです。注文後でも設定できます。

その下には、『注文種別』がありますね。ここでは、成行で注文するか、指値・逆指値で注文するかが選択できます。成行注文は、現在提供されているレートで今すぐに注文する事。指値注文は、現在のレートから何ピプス有利になったら注文するか、そのレートを指定して約定を待ちます。逆指値は、現在のレートから何ピプス不利に動いたらその方向に注文するか、という注文です。

そしてそこまで指定が終わったら、あとは、売りなのか?買いなのか?赤いボタンか青いボタンを押すだけです。これで注文になります。システム側から「完了しました」とのメッセージが来たら、約定です。何にしても、この最後のメッセージがないまま、次のボタンを押したり、画面を閉じたりしないで下さい。サーバーの状態によっては、そのタイミングで約定できずに処理が中断になったりします。そうすると、自分では注文したつもりでも、後で見たら注文していなかったという事になります。必ず、「完了しました」のメッセージを確認してから、次の作業に移ってください。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク