mt4のブレイクアウトでポジションをとる方法

ブレイクアウトという手法を知っていますか?逆指値注文のトピックでもお話していますが、トレンドの勢いを利用して、そのトレンドに乗って利益を得ようとする方法です。この手法は、うまくトレンドに乗る事ができれば100ピプス以上の利益を得る事も珍しくありません。トレンドを判断する方法は幾つもあるのですが、ここでは、実際にどうやって注文し、利益を確定するのかを見ていきます。

まずは、トレンドラインを使ってブレイクアウトを判断する方法です。何分足でも良いですので、チャートを表示して下さい。高値と高値、安値と安値をまっすぐなラインで結んでいきます。高値のポイントとなる点は、ローソク足の実体です。ヒゲは見ません。そうすると、チャートを上下2本の線で挟んだような形になります。この2本の線のどちらかを、現在のレートが抜けていけばブレイクアウトです。2本の線の延長線上のレートにスプレッドを加算して、それぞれ逆指値注文を出しておきます。そうすれば、ラインを超えた瞬間に注文が執行されます。

次に、ボリンジャーバンドから判断する方法です。ボリンジャーバンドというのは、値動きが落ち着いている時は幅が狭く、大きく動く前はギュッと収縮し、動き出したらバンドの幅も大きくなるという特徴があります。直近の高値安値と、バンドの幅で、トレンドが出たと判断するのです。

このように、ブレイクアウト手法は色々とあるのですが、そこでタイミングよくポジションを取るには、成行よりも逆指値注文が良いかもしれません。ブレイクアウトした瞬間の値動きというのは、ゆっくりの時もありますが、急に勢いづいてついて行けない時も多々あります。また、一気に勢いづいて価格が上昇・下降して、その後また一瞬で戻ってくるというような動きもあります。そういった時、成行注文しようと思っていたら、タイミングを逃してしまうのです。最も最悪の例では、慌てて成行注文したは良いが、その後損失の方向に向かっていき、損切りするにも値動きが早すぎてついて行けず、値動きが落ち着いた時には損失が大きくなっていたというパターンです。

このような事を避けるためにも、ブレイクアウト手法では、予め逆指値注文を入れておく事で、ブレイクアウトで注文、決めておいた指値で決済。利益はしっかり、損失は限定。ブレイクアウトと逆指値注文で、安全なトレードを行う事ができるのです。

人気のMT4国内業者ランキング!最新人気No.1はこの業者!

サービス名 スプレッド 通貨ペア数 詳細
FXトレードフィナンシャル 1.0pips〜
(USD/JPY)
34ペア 詳細
Forex.com 1.1pips〜
(USD/JPY)
48ペア 詳細
アヴァトレード 1.2pips〜
(USD/JPY)
53ペア 詳細

TOP

MT4・国内業者

MT4の業者関連

MT4の設定の基礎

MT4トレード実践の基礎

その他MT4関連

リンク